2018年06月12日

稲積の里の菖蒲とアジサイ

6月10日松山へ向かう途中R56の鳥坂トンネルを宇和から大洲に抜けると、
すぐに左側に稲積の里の菖蒲とアジサイの看板が目に飛び込んで来た。
何かおもしろそうと直感し、その誘導道案内看板に沿い先へと進むと、
菖蒲とアジサイの群落が見え、稲積の里とある集落に出ました。
 長年この時期を待ちかねて通い続けている方に聞くと、
この広大な花園は個人の方が管理されて十数年かけて
作り上げたものと知り、これまたビックリ、無名の山里に
感動の風景がありました。

IMG_7843aa.jpg


IMG_7866a.jpg


IMG_7841b.jpg


IMG_7842c.jpg


IMG_7847d.jpg


IMG_7850e.jpg


IMG_7854f.jpg


IMG_7865g.jpg


夏の柑橘在庫情報

小夏在庫 なし 晩柑少量
posted by ken at 09:17| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

四国の棚田、隠れ田樫谷棚田

四国の棚田、愛媛県長浜町の山奥にある隠れ田、樫谷棚田、
JR長浜白滝駅より樫谷棚田に登る一本道の山道を
奥へ奥へと登って行くと10軒ほどあるのか、小さな集落に
たどり着きました。
軽のミカン号で通るのが、やっとの細い山道の奥にこんな
棚田があろうとは、まさに、これが天空の隠れ田というもの
なのでしょうか、これまで、いろいろな棚田を見て来ましたが、
そこに至る道すじには人々の日々の営みや生活を感じる
気配があるものですが、樫谷棚田はなぜか俗世間とは違う
神聖な雰囲気がただよう秘境の山里でした。
樹木に覆われた細く薄暗い山道を抜け突然目の前に
現れた天空の棚田には夕日が反射して神々しい
オーラを放っていました。


IMG_7586.JPG


IMG_7582a.jpg


IMG_7583.JPG


6月販売西内小夏5k2300円送料別
ご予約残り20箱ほどとなりました。
posted by ken at 17:49| 愛媛 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

初夏の柑橘残りわずか

初夏の柑橘残りわずかとなりました。
河内晩柑の在庫はわけあり商品家使い用のみ
西内小夏は6月販売用が40箱程度となりました。
西内小夏の無袋栽培物は糖度が高く好評で
のこりわずかです。
posted by ken at 11:57| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

四国観光列車伊予灘ものがたり

四国の観光列車伊予灘ものがたり、主に土日限定で
大洲から松山間を伊予灘の海岸線に沿い約2時間ほど、
車内で食事を楽しみながら非日常の列車の旅を楽しむ
というもの、赤字路線の収益率改善めざすこの企画は
大当たり、開業3年ほど経過するも、いまだに予約チケットが
取ずらい状況が続き毎回平均90%ほどの乗車率があり
開業いらい利用者の満足度も好評のようで伊予灘ブームは
沿線の地域を巻き込みながら、地域起こしへとつながればと
期待が膨らみます・・・・・

IMG_7441a.jpg


笑顔の可愛いアテンダントと言うのでしょうか
美人の接客に期待は高まりテンション上がります。
IMG_7442b.jpg


松山から伊予灘物語が到着くするまで歓迎セレモニーの応援隊、
武具の衣装を着けながら忙しい中、私の質問に嫌な顔せず
あれこれと答えていただいた、以前、肱川橋さよならイベントでも
お世話になった大洲鉄砲隊のメンバーと伊予灘の海に沈む
夕日をイメージした伊予灘ものがたりのロゴマークをはさみ
アテンダントとの美男美女のツーショツト。
IMG_7457c.jpg


大洲駅を10時55分発車して初めての鉄橋、肱川合流地点
IMG_7472d.jpg


長浜駅を過ぎて伊予灘の絶景が広がります
IMG_7509e.jpg


まごのハルちゃんを思わせる素敵な笑顔
IMG_7533f.jpg


下灘駅で10分ほど停車し発車しまーす
IMG_7542g.jpg


12時8分、伊予灘物語は最後の停車駅松山をめざします。
13時10分頃到着予定の各駅停車のんびり旅。
IMG_7573h.jpg
posted by ken at 17:58| 愛媛 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

初夏の柑橘 西内小夏・河内晩柑

初夏の到来と共に初夏から夏にかけての柑橘、
西内小夏・河内晩柑が熟し、宅配直販の発送が
始まりました。
IMG_7435d.jpg


河内晩柑ジューシーでさわやか
IMG_7415a.jpg

リーズナブルのお値段10k2200円
IMG_7427b.jpg


西内小夏今年初めての無袋栽培で高糖度の出来になりました。
ko12.JPG

無袋栽培でコスト削減、そ分をお客様還元5k1900円
P4020062.JPG


posted by ken at 09:46| 愛媛 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

ゆうと初めての田植え

松山からゴールデンウィーク帰省したゆうと君
初めて田植えをしました。
孫たちが食べるほどしかお米が採れない小さな田んぼですが、
ゆうとは興味があるのか早起きして私といっしょに田んぼへ、
じいが田植え機で植える様子を付に付いて観察、機械の使い方を
覚える為に田植え機について、どろ田に足を取られながらも何十往復、
これだと決めたら根気強くしぶとい粘り強い性格、
 ついにゆうと君、俺にも機械を使わせろと噛みついてきた。
悠琥、小学2年が初めての田植え機に挑む画像から
意気込みと気迫が伝わって来るでしょうか、
なにをしても絵になる男・・・・・・
IMG_6784 (3).PNG


このたびは去年亡くなったウサオ爺が愛用していた
田のたび、ゆうとにはまだ少し大きすぎるのですが、
田仕事の上手だった宇三男じいの形見のタビをはいて
初めての田植えに挑戦、ひ孫の活躍を見てうさおじい
喜んでくれたと思います。
IMG_7411f.jpg


天満神社前の田んぼでも田植えの最中、天満地区では
ここ一週間ほどで田植えが終了し,これからみかん園の
作業も忙しくなっていきます。
IMG_7351d.jpg


田植えの後はみんなで楽しいバーベキュー
IMG_6779a.jpg


ゆうとの子分の崇太郎、
ぼくもお肉いっぱい食べちゃうぞー。
3年前東京女子医大で生まれた崇太郎、
2000グラム程の未熟児でありましたが、
幾多の病気を乗り越えこんなに大きく成長
してくれました。
その際、入院中昼夜24時間崇太郎に付き添い
献身的な看護をして頂いた看護婦さん、女医先生
皆様のお蔭で孫の崇太郎もこんなに大きく
なりましたよーーーー
感謝感謝です。
IMG_6783 (3)b.jpg


ゆうとカメラマンみかん号で高台に上がり
IMG_7385g.jpg


夕ぐれの三浦湾をワンショツト、
IMG_7383e.jpg
posted by ken at 18:22| 愛媛 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

軽トラホンダみかん号農道から転落事故

軽トラホンダみかん号が農道から転落事故で
4駆の頼れる相棒だった軽トラホンダ号、従業員が
運転中に突然農道から転落してしまい大騒動となりました。
幸い従業員には怪我はなかったのですが、転落したホンダ号を
チエンブロツク3台とユンボまで出動し引き上げましたが、
予想以上に破損状況が厳しく、修理不能のスクラップとの
結論となりました。
購入してまだ3年、予想外の出費です。
四駆新車購入には最低110万ほどいるとの事、
一昨年は集中豪雨災害、今回またたて続けの災難、
新車購入費用をどうやって工面するか大変な事態です。
これから農作業も忙しくなり、早期に事態収拾しなければ
なりません・・・・・・・・・・

農道下に転落しフロントガラスと左座席側面が
大きく破損しています。
JAFの助けを借り宇和島ホンダカーズまで運び
ましたが・・・・・点検の結果は修理に60万ほどの
費用が予想され廃車選択しかないようだ・・・・・
IMG_7345.JPG


この直線の舗装道路で起きた事故
どうして ? それが事故でしょうか・・・・・
IMG_7340.JPG



河内晩柑まもなく採集、種無しで美味しく出来上がりました。
画像では果実が隠れて見えませんが樹幹内部に沢山
実を蓄えています。
IMG_7334.JPG
posted by ken at 18:13| 愛媛 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

撮り鉄 島原鉄道

デコポン特売送料込み税別2000円、今日はこれから
北海道行の33箱荷物します。
デコポン残り30箱、規格外品はまだ余裕あります。
昨日は今年初めての無袋園の小夏収穫でした。
酸抜けがとても良く糖度も十分、良い物が出来ています。
間もなく発送が始まります。

島原研修最終日、撮り鉄 島原鉄道とってみました。

島鉄人気ナンバー1、大三東(おみさき)駅
全国のとりてつファンが残した感謝の黄色いハンカチ
IMG_7159a.jpg


島鉄、南島原駅、まずはこの駅で情報収集、
丁寧で親切な駅長さんに良いポイント教えていただきました。
IMG_7146b.jpg


島原というと幼い頃からよく知っている島原の子守歌、
少女が歌う、子守ぼうこう先での事でしょうか、
あのなんともさみしい子守歌、
それが島鉄のトレードマーク、
IMG_7247c.jpg


海と船と島鉄
IMG_7210d.jpg


島鉄の歴史はすごい日本の一号機関車が最初に走る
IMG_7193e.jpg


島鉄は単線、古部(こべ)駅で上り下り同時着で離行する
IMG_7284f.jpg


潮のひいた浜辺より、おみさき駅
IMG_7329g.jpg




帰り道、湯布院にて、

鉄道写真のバツクにどっしりとして湯布院を見下ろす由布岳。
いつ見ても威厳ある堂々としたオーラを放つ山、
今の湯布院の繁栄は由布岳あっての事といつ見ても
その偉大な存在感に圧倒されます。
 昔の事ですが湯布院の中心地には国民宿舎がありました。
息子といっしょに入った露天風呂からは由布岳が目の前に見えて
その神々しい姿に感動したものでした。
 息子との約束、また元気になったら温泉に行こうと・・・・・
つらい入院が長く続き、ドレン抜きのチューブがお腹に刺さった
ままの幼子は、チューブをとめる為に貼り付けた
バンソウコウのかゆみに泣きそうな顔をして耐えてました。
やがて苦しい時は過ぎ、約束していた温泉旅行、二人で入った
国民宿舎の露天風呂、まだ手術の糸跡が残る痛々しい傷跡を
温泉と由布岳は私たち親子をやさしく癒してくれました。
あの日、露天風呂から見た由布岳は雪をかむり、
この世の物とは思えないほど神々しい姿でした。
それから数年後、残念な事に国民宿舎は閉鎖となり、
その後も度々湯布院を訪れテレビの旅行番組で取り上げられた
有名な宿にも、あちこち泊まりましたがその度に期待外れで
ガッカリしたものでした。
 あの日泊まった湯布院国民宿舎の思い出は、今も心に強く残る
私にとって人生最高の宿となりました・・・・・
IMG_6626a.jpg

去年営業で訪れた道の駅ゆうひパーク三隅
道の駅裏の公園からのベストショト
IMG_5170h.jpg

posted by ken at 06:45| 愛媛 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

九州のたなだ土谷の棚田と谷水棚田見学

日本全国棚田は多けれど九州を代表する棚田といえば、
長崎県の福島にある土谷の棚田でしょうか、とはいっても
四国以外の棚田を実際、目にするのはここが初めて・・・
朝7:30分愛車みかん号2で宇和島を出発、三崎港から
フェリーを乗り継ぎ15時頃ついに目的地に到着しました。

まだ季節的には田ごしらえの時期ではないので水張した
たんぼは見れないだろうと思っていましたが、もうすでに
早いたんぼでは畔取り、しろかき作業が始まりこの時期と
しては幸運にも玄界灘の海風を受けてキラキラと水面が輝く
憧れの土谷のたなだを拝む事ができ感動しました。
IMG_6959b.jpg

土谷(どや)のたな田、 どーや すごいだろー
ここへ来る途中ガソリンスタドで、つちやの棚田は
この方向でいいですかと娘さんに聞くと、反応がなく、
しばらく考えて、あー、どやの棚田ねーと帰ってきた、
そうかそう読むのかと初めて知り、それから到着まで
あの有名な歌、子牛が町へ売られていくドナドナドーナの
替え歌、どやどやどーやを口ずさみながらみかん号で
走る・・・・・
IMG_6955a.jpg

土谷は水持ちが悪い土質のようだ、それに加えて
この棚田を潤す十分な水源がとぼしい。
それで少ない二つの河川の水を集めたため池を棚田画像
左下に2基作り土谷の棚田最上段までポンプで押し上げ
送水しているそうだ、
かなりのコストがかかるそうです。
IMG_6983d.jpg

櫃崎の岩脈から見た土谷のたなだ
IMG_6972c.jpg

この棚田の見学の案内説明をして頂いたNさん、
九州は四国とちがい広い土地に恵まれた広大なたんぼの
イメージが強かつたのですが、この狭い土地と水源も乏しい
やせた土地に棚田を切り開いた、ご先祖さんは大変苦労を
されたのでしょうね、この棚田を見ていると、この土地で
生きて行こうと決意した先人たちの思いが伝わってきます。
と、私が言うとNさん急になみだ声になり、
それを知っとるで、やめられんとですたい、と話され
中山間地の補助金以外とくに、これといった社会的な支援
もなく先祖代々から引き継いだ棚田を守る為に大変な
御苦労されている様子が同じ農家の私にはひしひし伝わり、
私は励ましの言葉すらかけられず、お身体に気をつけ、
あまり無理されないよう頑張ってくださいね、と言って
土谷の棚田を後にする。
 気が付けばもう4時をとっくに過ぎています。
これよりみかん号で今晩の宿、雲仙国民宿舎青雲荘へと
いそぎます。
雲仙の名湯、乳白色の硫黄泉質の四国ではお目にかかれない
白濁のにごり湯、痛めた肩に温泉成分がしみこみ、いかにも
効果ありそう。
IMG_6990h.jpg



2日目行った島原、谷水の棚田
何処の農地もイノシシ被害から作物を守るために
トーアミ防護柵が張り巡らされています。
これもトーアミ営業福原さんのした仕事でしょうか
がんばってますかー福原さん・・・・・
IMG_7135e.jpg

島原半島はこの時期玉ねぎの収穫で忙しそう、
谷水の棚田はジャガイモが実り、間もなく収穫を終えたら
この田に水が張られるのでしょう。
IMG_7141f.jpg



posted by ken at 08:16| 愛媛 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

天草ア津港の岬のマリア像と教会

BS旅番組で高橋一生の語りと共に番組のフィナーレで紹介
された天草、ア津港の岬にたたずむ白亜の聖母マリア像。
真っ赤に燃えて東シナ海へと沈む夕日がマリア像を優しく
つつむ、マリア像と夕日とのコラボレーションの絶景に
鳥肌が立ちました。
一度、機会があれば自分も愛用のカメラで、この絶景を
写し撮りたいと願っていましたので、今回の口之津果試
視察を途中下車して自然の超常現象を待ち港の防波堤で
三時間ほどねばって見ました。

天気も快晴、到着してまずは岬のマリア様の前にひざまずき
良い写真が撮れるようお願いし、御膳立てもすべて整った
かのように思いましたが・・・
IMG_7053a.jpg

昭和49年漁の安全祈願し建立されたマリア像、
港を出て行く船は航海の安全をマリア様に祈る。

地球のいとなみと共に季節は移り私が訪れた時はすでに、
太陽の沈む位置が微妙に変わっていて、
このマリア像の真後ろにはもう夕日はありませんでした。
IMG_7113b.jpg


4月2日は残念ながらこの位置に・・・・・
この状態から推察すると絶好のタイミングポイントは
3月上旬ころと見ました。
IMG_7091c.jpg


ア津教会、立派です、生で側で見るともっとすごいです。
ア津は人口500人程度の小さな魚村、ボランティアガイド
さんの説明では、年々後継ぎたちは仕事の場を求めて
この村を出て行き、現在の信者数は村の30%ぐらいの
120人ほどだという。
その殆どが高齢となり、代々守り続けて来た信仰を後に
託す後継者がいないというが、この立派な教会を見ていると
過去のキリシタン弾圧にも耐えて代々守り続けて来た
信仰への熱い思いと、この小さな集落の人たちがおそらく、
その日食べる食事までも削り、浄財を少しずつ蓄えて
教会建設の為に当時のこの大事業にたずさった人たちの
並々ならぬ熱き思いが伝わって来ます。
IMG_7056d.jpg

妹はいろいろありキリスト教に入信、洗礼を受けました。
私もキリスト教に少し憧れもありますが、やはり四国は
お大師様ですよねー、と話すと観光事務所のおばさん
達は笑っていました。

大江の教会
訪れた時は新しい神父さんの就任式のさ中、
どうも韓国の人らしい、この地は古くから開けた
信仰の地、私が日本人の神父さんはいないのですかと
聞くと、今でも殆どは外国の方だという。
IMG_7070e.jpg


ア津まち歩きマップ
IMG_20180406_0001.jpg


デコポン特売送料込み2000円在庫100箱ほどになりました。
在庫ある限りこの価格で売り尽くしします。
(この価格は共同購入西濃便のみの価格です)
posted by ken at 07:33| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする