2017年10月17日

宇三男じいの臨死体験

それは私の父が幼年期の事です。
父宇三男は海に落ちておぼれてしまい。
近所の人が発見した時はすでにプカプカ海に浮いている状態、
あわてて海から引き上げるも、すでに宇三男は息絶えていて
心臓の鼓動も聞こえない、しかたなく家族は泣く泣く、その晩
通夜をする事となったのです。
宇三男が死んだと言うので通夜に親族が集まり葬式の段取りをして、
棺桶のふたを閉めようとしたその時、わずかに唇が動いたようだと、
それを見たその場に居合わせた人たちは大騒ぎとなった。
やがて息を吹き返した宇三男は口をもごもごと動かすので
誰かが通夜の晩の肴の豆腐を箸で一つまみ口に運んでやると
旨そうにもごもごと食べたと言う事だ。
その奇妙な出来事を何回か父は私が子供のころよく話して
くれました。
それは父宇三男じいの臨死体験という事だったのでしょうか、
海におぼれて浮いている父の所へ、何処からともなく一隻の
ボートが現れ近づいて来る、その船を見ると綺麗に花で
飾られていて、その中にはきらびやかな衣装を着た美しい
女性が乗り、無言で早く乗りなさいとでも言うように手招き
をしているのだ。
それを見て父も近づくその船に乗ろうとするが、その時、
突然誰かが自分を大声で呼ぶ声がする、どうしょうかと
乗るのをためらっていると、そのボートはやがて静かに離れて行き、
父は眠りから目を覚まし三途の川を渡らずに済んだという事だ。
そのボートとは東南アジアの仏教国にあるような船で、先端が丸く
カーブして立ち上がった形をした舟だったそうだ。
そういう逸話と武勇伝の持ち主は、その後の人生、何があろうが
もう絶対に死ぬわけはありません。
その後も幾度となく病気や怪我、交通事故と、数えても
きりが無いほど数々の生命の危機がありましたが、その度に
不思議と知らぬ間に回復するといったぐあいで、交通事故に
至っては三回も車をスクラップにするほどの事故を起こしながら、
車は大破するも身体はいつも傷ひとつ無く不死身のような
父でありました。
そんな父も寄る年波で、ここ数年老いて体力気力が次第に衰え、
先々月90歳の天寿をまっとうして夏の終わりと共に宇三男
じいはひとり旅立って行きました。
和尚にその逸話を話すと和尚は興味深く話に食いついて来て、
そして頂いた戒名は 創徳院佛護三界居士
葬儀屋Nさんはスゴイ戒名ですね、初めてこんな戒名見ましたと、
見た時に体が震えましたと・・・・・・・
父はあの時の武勇伝以来、豆腐が大好物になったという訳で、
私と和尚の話のやり取りを側で聞いていたNさん、三途の川を
渡る時のお弁当のおかずにと豆腐を持参し出棺の際、棺に入
れてくれました。

追記
ゆうと君のうんちく
お葬式の帰り、私は骨壺を持ち悠琥は位牌を僕が持つと
言いだし、二人並んで送迎バスの同じ席に、窓際の席に
座ったゆうとは小さな胸の中へ位牌を両手で強く
抱きしめてバスの窓からじっと外をながめて寂しそうに
宇三男じいとの事を思い出しているかのような様子。
 ゆうとは今年小学校に入学したばかりの一年生なのですが
男どうしの話の出来る男です。
ケンじい僕、学校の授業中にふと、うさおじいの事を思い
出し涙が出ていけんのよと・・・・・・・・・
ゆうとは思いやりがあり優しい子だけに初めてのお葬式は
ショツクだったのでしょうか・・・・・

posted by ken at 10:02| 愛媛 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

2017年極早生みかん発送開始

2017年の極早生みかん10月3日より出荷を
始めました。
今年のみかんの出来は秋の訪れが少し早い分
着色が進み早熟気味ですが9月10月の雨の影響か
糖度は昨年より若干低い反面、酸抜けが良く
極早生としてはまずまずの出来のようです。
今後、秋の深まりと共に天気が安定してくれば
糖度も上がって来る事を期待しています。

IMG_6382a.jpg


IMG_6379b.JPG
posted by ken at 07:14| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

苔むしろ

西予市宇和町にある苔の庭園、苔むしろ
3年ほど前に愛犬ウズが亡くなり火葬する為に
訪れたぺット霊園の途中にある苔むしろ。
その時、通りかかりに見た光景、多くの若い女性たちが
出入りしている様子に、いったいこの奥にはどんな施設が
あるのだろうか・・・・
それから、ずっと気になっていました。
IMG_63151.jpg

そのなぞが明らかに、
山道を少し入ると杉木立の中に一面の苔むす庭園が現れました。
IMG_63242.jpg

自然の中に現れた盆栽のような岩と苔と水の風景
IMG_63403.jpg

苔むしろ、テラスデッキでお茶、
おしゃれー映画のようなワンシーン
IMG_63484.jpg

店に入って見ると
一番良い席が空いてますと、ご主人に通された特別席、
お隣は若い女性二人、彼の事でしょうか職場の事か、
明るい雰囲気で語り合う二人、
IMG_63555.jpg

お抹茶を注文すると饅頭ととうまんのお菓子が付いて500円、
この自然の景色に癒されて極上の時を過ごす、いいですねー
IMG_63617.jpg

大ガマの中にも苔の群生
それに興味津々のよう・・・
IMG_63677.jpg

帰り道、ふと振り返るとタヌキがお見送り
IMG_63698.jpg

きょうのベストシャッター
店内で一人お茶を楽しむ和服姿の美しい女性、
突然フレームの中に現れた絵になるワンシーン、
ここぞという時になぜかミスってしまう
シャイで気の弱い性格の私、アップで撮り
たかったのですが・・・・出来ませんでした。
IMG_63596.jpg
posted by ken at 18:15| 愛媛 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017年18号台風

2017年の18号台風、発生直後より大型で強い台風との事で、
台風の進路次第では、みかん園も甚大な被害を受ける可能性があり、
昨夜から進路がどうなるか気をもんでいましたが、17日15:30分
現在、18号は宮崎市沖にあり、今後の進路予想は四国足摺岬から
宿毛市方面に向かうとの事、このコースであれば心配していた台風
被害は最小限でおさまりそうです。

この時期、みかん農家の一番の心配ごとは台風襲来、
たった一度の襲来で全てを失う事もあり、
9月から10月にかけての台風シーズンは
何事もなく無事にと祈るような気持ちでみかん
農家はこの時期をすごします。
 ベニマドンナ、数日かけて台風対策に支柱を立て
この台風にそなえました。
ビクともしていません、無事です。
9月17日15時30分撮影
IMG_6303a.jpg


今回の18号台風は見かけ倒し、風は殆ど無く
三浦湾は波ひとつありません。
俗に言う雨台風でしょうか、
IMG_6306b.jpg


IMG_6313c.jpg
posted by ken at 16:16| 愛媛 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ゆうとのあい籠地獄漁

お盆に遊びに来たゆうとが初めてのあい籠地獄漁に
挑戦しました。
ギョギョのさかな君でーす、と同じくらいお魚大好
きの悠琥君、
今年春にゆうとと網屋さんで買ったあい籠、使用
しないまま庭の片隅で放置していたのですが
それを見つけたゆうと君、地獄漁に行こうと庭で
大声で叫んでいます。
しかしその籠に入れ魚をおびき出す元となるエサの
クロ貝(カラス貝)は今はありません。
昔は三浦湾のどこでも取れたカラス貝ですが真珠筏
の減少と共に生息環境の変化でしょうか自然といなく
なってしまいました。
今はその代になる三浦湾で豊富に取れる貝類と言えば
牡蠣ぐらいでしょうか、カキなら何処にでもあります。
船をもやう舫い綱とかに沢山付いていて簡単に取れます。
今回はそれを砕きエサに使ってみました。


あい籠をこんしんの力で引き上げるゆうと、
お盆2日間で朝晩4回の引き上げの漁で
カワハギ、カサゴ、クエ、タコ、あなご、
魚種もバラエティー、大物も上がりその度に
大興奮のゆうと君でしたが楽しいお盆もすぐに
終わり松山へ帰って行きました。
IMG_6120a.jpg

これがあい籠というものです。
網の中への細いトンネル状の入り口から
魚が入ると出られないようになった仕掛けの
かご網です。
IMG_6127b.jpg

昨晩は大きなタコやクエの子供、大きな
カワハギ、カサゴ等に今朝は珍しくあなごが入って
いて、昔に比べれば確かに漁場環境は悪くはなって
いますが、ゆうとのあい籠漁の魚種からも解るように
まだまだ三浦湾は宇和海の多様な生物を育む豊かな
海としてその役割をなんとか保っています。
この海が孫たちの代までもいつまでも続くよう願う
ばかりです。
IMG_6133c.jpg
posted by ken at 19:15| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

公共事業とは

公共事業とは
東九州自動車道の大分道工事でみかん園を国の強制代執行
により高速道路用地として強制的に取り上げられた園主の
無念の気持ちを訴えてか公共事業とは、との園主が
作ったであろう看板が東九州大分道上り線から見える
場所に立てられています。
この事はマスコミで大きく取り上げられ公共事業の
あり方について国民に問う報道がなされ公共事業とは
誰の為のものなのか大きな反響があり、私もみかん
農家のおっちゃんの権力に立ち向かい信念を貫く
生き方に感動した一人でした。

IMG_6103b.jpg

さて昨年の三浦半島豪雨災害復旧工事ですが
突然の工事計画変更を告げられ一時はどうなる事かと
工事完成が危ぶまれる事態となり心配しておりましたが、
なんとか多くの方々から支援を頂き完成に漕ぎ着けました。
通常役所で一度決定された事案について、それに多少の不備が
あったとしても一回決まった計画を一個人の力でなかなか
覆す事は非常に難しく、今回は土木の神様に助け舟をお願い
し支援頂く事と致しました。
さすが土木の神様の神通力はすさまじくツルの一鳴きで、
まさかの陳情翌日に誰が見ても、なるほどと納得する
お御裁きで、ゆがんだ土木行政を正して頂きました。
困った時の神頼みと言いますが即日役所より電話があり
関係者との合意なく作成された建設課設計を改め当初の
計画のとおり工事を行うとの連絡に、公共事業とは誰の
為のものなのか公共事業の在り方について考えさせられる
いい機会となりました。
いろいろありましたが宇和島市農林課の皆さんには
たいへんお世話になりました。
posted by ken at 11:49| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

夏の風物詩三浦湾に釣り人待望のメジカ入る

夏の風物詩三浦湾に釣り人待望のメジカが入り、
これを楽しみに待っていた太公望たちが三浦天満の
埋立地に陣取り、ルアーを浜の岸壁から沖のめじか
(宗田かつお)の群れめがけて竿を振るとすぐに
メジカが食いつき水面に銀鱗が跳ね上がる。
めじかは去年は不漁でしたが今年は今まで好調な
釣果が続いているようです。
今朝も天満の浜に行って見ると次々と釣り人達が
釣り上げていました。
松山の孫のゆうと君に早く知らせてやらないと・・・

釣り上げためじか良いサイズです
IMG_6083c.jpg

この仕掛けには複数かかっているようです。
メジカが逃げようと跳ね回る
IMG_6058a.jpg

2匹ゲットやりました
IMG_6075b.jpg

一気に海から引き上げますいい形です
IMG_6079e.jpg

今朝の宇和島市三浦天満の埋立地
IMG_6098d.jpg

追記
あの日友と食べたメジカの料理、友は浜育ちで漁の
すきな海の男でした。
あの年はめじかが豊漁で一晩に何度網を入れても
その度に大漁のメジカが網にかかり、その取りたての
めじかを甘辛く煮たメジカの煮付けを酒の肴のあてに
二人で最後に食べたあの日のメジカ料理、毎年この
時期が来ると思い出す友との思い出、友は手術後
徐々に体力がもどり復活の手ごたえを感じていた時で
したが無念にもその年の暮れ癌が再発して一人旅立って
行きました。
そのあと数年後、私も癌を発病し、来るものが来たかと
覚悟を決めていましたがどういう訳か私だけが
生き残ってしまいました。
海流に乗りメジカが三浦湾に入る時期になると
思い出す友との思いで・・・・・


posted by ken at 08:26| 愛媛 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

天満のたんぼ稲の穂が出そろいました

天満のたんぼに今年も稲の穂が出そろいもう一ヶ月もすると
稲刈りの時期を迎へます。
最近は昔と違い台風被害を避けて早生種のあきたこまちを
作る農家がほとんどでお盆がすむと稲刈りが始まります。
IMG_6009a.JPG

上画像天満神社の鳥居が昨年末落ちて壊れ、その
修復に数百万の費用をかけてまもなく工事が始まる
予定です。
absc1.JPG

一週間ほど猛暑が続いていましたが今朝は雨となり
みかん畑も一息つくといったところでしょうか
IMG_6013b.JPG

ベニマドンナの実が少しずつ大きくなり
これから摘果で現在の1/3ぐらいになるまで実を
落としていきます。
ベニマドンナは大玉生産が常識ですが
大平みかん園は糖度の高い中玉生産をめざします。
IMG_6019.JPG
posted by ken at 07:17| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

南九州の旅、ポンカン・河内晩柑のふるさとを訪ねて

南九州の旅 ポンカン・河内晩柑のふるさとを訪ねて

今でこそ宇和島ポンカンは誰もが知るブランドですが、
私が青年の頃はぽんかんと言えば鹿児島が国内の主要
産地でありました。
現在のいちき串木野市大里はその当時大里ポンカンのブランド
として名が知られており、先進地の技術を学ぼうと
研修によく行ったものでした。
あれから40年の歳月が流れ、そのルーツを再度訪ねての
鹿児島・熊本と視察研修の旅に出かけて見ました。
ところが九州にフェリーが到着して見ると集中豪雨のさ中で
九州各地では災害が発生して非常事態の様相です。
計画していた現地での研修を早めに切り上げて、まずは
身の安全を最優先にして宿に退避する事となりました。

指宿の宿、いぶすき休暇村にて夕食後、宿が企画した無料の
夜簡ツアーに参加、ホテルのマイクロバスで着いた山頂には
指宿の絶景が待っていました。
雨の合間の10分間のショータイム、100万ドルの夜景が
大雨のさなかの車移動で緊張した心を優しく癒してくれました。
指宿観光の隠れた名所、魚見岳山頂展望台からの絶景
IMG_5958b.jpg

いぶすき休暇村ホテルロビー
指宿と言えば砂蒸し温泉、宿泊料金はリーズナブルで
食事はバイキングだがかなり上質で接客も感じが良い。
最近リニューアルした客室の窓は全面ガラス張り、錦江湾を
一望できる絶景、室内はゆったりとして広くて清潔で
フロアーには大きなWサイズのベットが二つ並ぶ、
ベット苦手な私でも快適な睡眠で熟睡できました。
指宿休暇村電話 0993-22-3211
IMG_5945a.jpg

一瞬の晴れ間、
日本最南端の駅ホームでお嬢さんたちに撮影を
たのまれワンショツと
IMG_5929e.jpg

翌日はさらに天候が悪化、熊本視察も短時間で済ませて
雨での車移動には道路情報の収集と宿までの道順調査、
今夜泊まる宿周辺のこれまでの積算雨量を調べて
災害予想の分析は4時に起床してホテルロビーの
パソコンを利用して情報収集、さすがパソコンの威力はすごい。
たすかりました。
IMG_5973c.jpg

上画像、大分九重町の瀬の本にあるスパ・グリネス
全戸客室はコテージ風の単独の一軒屋ですべて客室露天風呂
付きの部屋は宿泊料金も普通の旅館なみの低料金、温泉は
24時間源泉かけ流しで誰に気を使う事もなく温泉を
楽しむことが出来ます。
ホテル到着したもののあいにくの雨で露天風呂からの
阿蘇五岳の絶景は見えませんでしたが高原の宿の雰囲気を
堪能しました。
お部屋名は  和室仕様
宿泊料1人豪華夕食懐石料理朝食付き20670円
朝食のみの場合14040円 客室露天風呂様式の
宿では破格のお値段、夏は下界の暑さを避けてのんびり
連泊して避暑地で暮らす、そんな庶民の夢を叶えて
くれそうなお宿です。
スパグリネスは標高1000mの高地に有りますので
高原の爽やかな風に癒されて平地と違い窓を開けても
カなどの虫も大丈夫、気に入りました。
スパグリネス 電話0967-44-0899
IMG_5977d.jpg

露天風呂も良いが夕食は福岡の名店で料理長を
していたという本格和食懐石料理にびっくり
懐石料理のお品書きを見ながら出てくる創作料理に
驚きの声を上げる。
田舎者の私には驚きの演出と洗練された上品な
味付けのイッピンに感動の連続でした。
食事代金はスパ・グリネス宿泊料金に含まれていて
手出しは飲み物酒代飲み、高級料亭の味を堪能
出来ます。
IMG_20170711_0002.jpg

森の和食ながやまは宿泊者以外の方でも
予約すれば利用OKとの事おすすめの名店です。
ここも料金はおやすく良心的、あいきょうの良い
美人の奥様がおもてなしして頂けます。
IMG_20170711_0001.jpg

森の和食ながやまは瀬の本周辺に点在する宿と提携して
夕食を提供する独立したお食事処のようです。
電話・FAX兼 0967-44-1355 
posted by ken at 11:54| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

もち麦健康法

手術後の腸の癒着で長年悩まされて来ましたが
もち麦健康パワーが腸を活性化し人生変わるかも、
 今話題のもち麦健康法、健康オタクのように
これまでテレビ等で身体に良いと聞くとすぐに買って
発酵食品だの、ありとあらゆる物を試して来ました。
私が健康オタクのまねごとをするには訳があります。
平成9年に癌で右腎臓を摘出する事となり、その時
癌はステージ3リンパへの転移の可能性があり、
腹部リンパ節も広範囲に剥ぎ取ると共に膀胱の一部も
切除するなど大手術をいたしました。
その傷跡が異様に見えるらしく孫のゆうと君が
それを見てじいちゃんお腹包丁で切ったんと聞くので
そうよ、子供の頃に食べ物を好き嫌いしたんで病気に
なり病院で包丁でお腹切らないけんなったんよーと
話すと、ゆうとはなんでも食べるよと即座に話を
切り返して来ます。
ゆうと君のお口はいつも回転良く、ツッコミみされても
切り返しの早い男です。
そんなこんなで術後に腸の癒着が発生して長年それに
悩まされて来たという訳です。
そういう事もありまして腸の健康には特に気を使って
良いと聞くといろいろ試して来たようなしだいです。
今話題のもち麦健康法にもすぐ飛びつき半月ほどですが
体調は非常によく効果を実感しています。
これまで、これだと言う自分の体に合った物がなかなか
見つからずにいましたが今度ばかりは違います。
もちむぎパワーが人生変えてくれるかもしれません。
さて、もち麦は自分が探し求めていた本物との
出会いとなるでしょうか・・・・・・・・

そのもち麦を販売している所MAP道順
 ジェーウィングファームの場所は松山から行くと
ルート11号バイパスを東温市方面に行くとビツクモーターを
過ぎた直後の交差点筋向いにはローソン、その信号のある交差点を
久谷方面に折れて進むと介護施設ていれぎ荘があり、そこを
過ぎると最初の小さな小川の橋を渡り左折土手沿いの舗装していない
土道を200mほど行くと到着(日曜祭日はお休みです)

もち麦は腸内環境を良くしてくれます。
県内最大の麦の産地と言えば東温市周辺
このもち麦はジェーウィングファームさんが
生産直売してます。
1k入り2袋税込み 1404円 でお一人様
2袋まで数量購入制限があります。
多くの方に知って頂くために購入した麦が
食べて無くならないと追加購入できません。
IMG_5785.JPG


下画像のもち麦、殻をはずし脱穀、少し実をつぶした
状態のものだそうです。
愛媛は昔は麦の生産が盛んな地域で私の住む
三浦半島の段畑で普通に生産されていたと
ジェーウィングファーム社長が話してくれました。
IMG_5891.JPG


殻をはずし脱穀、完全に押して実をつぶしたのが
通常みなさんが知っている押し麦、
私が子供のころ南予は貧しい地域で普段の食卓には
いつも麦ご飯がどこの家庭でも食べられていました。
私の幼い頃はお米ご飯は貴重品で特別な時にしか食べる
事が出来ないご馳走で、幼児言葉でちんちまんまと
言われるほどその当時貴重なものでした。
 私が青年の頃養鶏の研修で東予の土居町に行ったおり
南予は今でも主食はいもを食っているのかと聞かれて
同じ愛媛県でありながら東予の人は南予は貧しい地域と
バカにしているのかと悔しい思いをしたこともありましたが
今になって考えてみると貧しくとも栄養価の高い自然食に
恵まれた贅沢な食生活をしていたのかと気ずきました。
IMG_5892.JPG


私のもち麦ご飯の作り方
もち麦1/4カップ(45cc)
押し麦1/4カップ(45cc)
それを3時間以上水にひたし水分を十分吸収させて膨らんだら
米2合とまぜて水加減は2合半メモリに合し
水を入れて雑穀米の設定で炊飯ボタンをおす。
健康に良い物はまずいと思われがちですが美味しく炊けます。
麦は下画像で栄養価も高く、なによりも消化が良く
私のように手術後の後遺症で慢性的に腸の動きが悪い
者には最高の食べ物、うんこも毎日出て今までのように
いつもお腹が張る感じがなくなりました。
身体に良いとされる玄米食も以前試しましたが私の
場合、栄養価が優れていても腸に負荷がかかりすぎて
逆に体調う悪くして合いませんでした。
IMG_5887.JPG


もちむぎの栄養価の特徴成分です
IMG_5787.JPG


ジェーウィングファーム農舎
IMG_5793.JPG


ジェーウィングファーム事務所
敷地の一番奥にありここでもち麦を販売しています。
農家直販ということもあり他社通販サイトの約半額の
良心的お値段です。
IMG_5788.JPG

ジェーウィングファームさんとは昨年
大平みかん園のお客様からもち麦の種子購入依頼があり
愛媛県内の生産者を探していて出会いました。
農家の人はブームに乗じて暴利をたくらむような
人はあまりいないようです
ジェーウィングファームさんは良心的な農業法人です。

ゆうと君のうんちく
去年大浜海岸に釣りに行った時のことです。
救命胴衣の上から胴にロープを巻き付け非常事態を避ける為、
セイフティーロープを私が鵜を操る鵜匠のように持っているので、
ゆうとが嫌がり、じいちゃん皆がこっち見て笑いよる、ロープ
はずしてやーと・・・その二人のやり取りを見ていたのか釣り人の
一人がゆうとをからかってやろうと声をかけて来ました。
ぼく今日はなにが釣れたらいと、おちょくるような声に
この時も即座に反応して、相手の心を見透かすように
マグロよーと即座に切り返したとたん、周りに居た釣り客
達は一斉に大笑い、実際のバケツの中は雑魚のべラ数匹に
小魚でしたがユーモアセンスも抜群の悠琥君の切り返しに
みな楽しそうに笑っていました。
瞬時に口から出たマグロという言葉、実はゆうとの
大好物なのでした。
posted by ken at 14:58| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする